ゆきにょの独り言


by upyo_pyo

プロフィールを見る
画像一覧

リンク

ブログパーツ

カテゴリ

全体
あーとの若い芽・応援計画
あーと
にょ工場長の店
らくがき
みーはー
ゆきにょ家のひとびと
ひとりごと
まーじゃん

お気に入りブログ

アッテンボローと山崩れ
ウラもよ日記☆やっぱりロ...

nagare
「断想」    _sin...
歩いて撮って
小鳥のつぶやき
アプセトネデブ
昼も夜もらくがき
Photo @ Life...
にょ工場長のTシャツギャラリー

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

GEISAI#9

3/12「GEISAI#9」に行ってきた。


そこで、昨年のデザインフェスタでの作品が目を引いた
「oto kotoba」さんとお会いした。
素朴で、アートのことになると無邪気な一面を見せる、青年でした。

彼の作品の良さは、なんとも言えない「調和」。
いろんな要素が、不思議と仲良く同居しています。
また、どこにもないような彼独自の空間も持っていて。

「oto kotoba」さんの作品
c0067664_21424365.jpg
























そして、もう一人

今回の「GEISAI#9」で目を引いた作家を紹介します。
「ロッカクアヤコ」さん。

この「GEISAI#9」の会場をただ、ぼぉ~っと歩いていて、
実のところ何を見ても、イマイチ心が動かなかったのだけれども。
このロッカクさんには心を動かされました。

最初は、女の子タッチの絵に、素通りした私でしたが、
パッっと観ただけでも作品にパワーみたいなものを感じて。
で、何度か素通りするうちに、この作家の凄さが伝わってきました。


彼女はただ、ただ、ダンボールに向かって

絵の具を指につけて、ただ、ひたすらに描き続けていました。

ホントにひたすら描いているんです。

何度通り過ぎても、描き続けていました。

わき目もふらず、媚をうるわけでもなく。

どこから、その衝動がわいてくるのかわかりませんが

「無心」に「純粋」に、描くことだけで魅せられてしまいました。

そんな彼女のパワーに、観ているだけで根負けした感じです。


「ロッカクアヤコ」さん、ご本人と作品
c0067664_21584585.jpg

















c0067664_2159918.jpg

























※作品画像と記事は作家の許可を得て掲載しております。無断転載はご遠慮ください。
[PR]
# by upyo_pyo | 2006-03-13 22:03 | あーとの若い芽・応援計画

ためしに

素人GIFアニメですね。
もっと凝ったのやりたいんだけど
とりあえず。


c0067664_1732226.gif

[PR]
# by upyo_pyo | 2006-03-05 14:32 | あーと

どっちが変か?

Excite エキサイト : 政治ニュース

なんだろう。
性格が素直ぢゃないせいか
世の中で起きてることとか、素直に受け取れなくなっている。


たとえば
ライブドア幹部の自殺報道
「自殺」と判断したのがあまりにも早すぎる。
警察にしても報道にしても。

窪塚くんが飛び降りたときだって
第一報は「自殺」ではない。
「飛び降り」だった。

普通は「変死」くらいでないのかな。
なんだか
ナニモノかが「自殺」にするために仕向けたんぢゃないかな…とか。



たとえば
永田議員の「堀江メール」に対する自民党の動き。
皆、発言が一方に向いていて、
「メールが偽造」という論点にばかり集中している。

だって、もともとはあなたたちが
「堀江さん」を出してきたわけでしょ?
あなたたちがライブドアとなにかつながりがあるって
疑われても仕方ないぢゃん。

メールぢゃなくてさ、
で、事実はどーなんよ? ってわけさ。

その偽造メールだって、今まで民主から攻められてたことを
逆手にとろうと思って、罠仕掛けたんとちゃうの?
だって、なんで同じ情報持ってたのさ。
「そうそう、でっちあげ」とかみんなで合唱するわけ?

偽造だって濃厚な情報があったわけでしょ?

せめてさぁ
「疑われるようなこと(出馬させたこと)して、すんません」って謝れって。

あの出馬で(信用して)株買って、大損した人にちゃんと謝ったんか?
国民が被害にあってんだよ。
自分の損得でムキになるな。

論点ずらすなっつぅの。
[PR]
# by upyo_pyo | 2006-02-28 20:20 | ひとりごと

井戸端会議

Excite エキサイト : 主要ニュース
幼い子が悲しい事件に巻き込まれた。
子どもの安全対策が叫ばれる中…と言いたいがこの事件はこれまでの事件と
明らかに種類が違う。

母親の孤立感

ニュースを読む限り、このあたりが原因だった可能性が高い。
以前も確か、自分の子どもと同じ保育施設に通う子どもを殺害した母親がいた。
その時の事件を思い出した。



私はそもそも、女性の団体は好きではない。
これでも女子高で、同級生のあいだでは友達が多い方だったにもかかわらず。

ただ、友達が多かったのにも女性ならではの理由があった。
・女性の競争心をあおるものを持ち合わせていなかった。興味がなかった。
・自分のコンプレックスをネタにしていた。
・相談話に乗っていた。

ただでさえ、女性の特徴として
・彼氏・旦那・子ども・仕事・ステイタス・自分の持ち物などの自慢話
・他者より優越感にひたるための陰口
を団体になればなるほど、するものだ。

まぁ、私にこういったことが全くないわけでもないけど、まぁ…そういうものだ。
なので高校のときも、今も、個人個人の付き合いはしているけれど
団体での付き合いはなるべくしない。
ときどき、共通点のある数人を私が幹事になって集めるときもあったけど。
やはり、その数人集まったとたんに始まる自慢話・優越感・団体意識には
嫌気がさしたものだった。自慢などしなくても、
「いいわよね、痩せてて」 「いいわよね、スタイルいいから」  「いいわよね…」
と、ヒガミ根性を丸出し。女全員というわけではないけどね。

女性の団体の様々な世界で孤立感を感じてしまうことって
日本人だって、あると思う。

もともとの苦手意識のせいか、私は不思議と異性の友人ばかりが増え。
おっさん達と一緒に麻雀でもやっていたほうが、なんぼ楽しいことか。
女性の友人も、比較的サバサバした友人のほうが長続きしている。



犯罪を犯してしまったことは、許しがたいかもしれないが
知り合いもいない、知らない国へ来て、孤立感を感じている人に
手を差し伸べられた人がいたならば、違ったのかもしれない。

被害者のご冥福をお祈りいたします。
[PR]
# by upyo_pyo | 2006-02-20 14:48 | ひとりごと

乱世

戦国時代でもないのに
最近のニュースでお見掛けする政治家の方々は
なんだか、とっても恐いですね。仁義なき戦いってな感じで。


上司が「きっこのブログ」という
とても、面白いブログがあると話していたのだけど、
そのブログがきっかけになって、株価にまで影響が出てるらしいぢゃん。
興味のある方は検索してみてください。

私は基本的に字を読むのが苦手なので
詳しくは読んでません。

そのブログでは、政治家と闇の世界のつながりとか
まぁ、最近起きた話題のとある方の自殺の真相など
どこがネタ元かは謎なのだが、かなり実しやかに載っているらしく。


で、話は極端にせまくなるけど
私の身の回りでも、なんだか物凄い噂が飛び交っていて
本当に、生存競争に鬼気感が迫っているようだ。



ふぅ…恐い…恐い
[PR]
# by upyo_pyo | 2006-02-18 19:39 | ひとりごと

人権

お上から
あらゆる申請書から「男女」を選択する項目をトルよう命令が下されている。
「性同一性障害」の人への配慮らしい。

でも、男女というのは生物学的なものであって、
そこまで配慮する必要がある理由がイマイチわからない。
本人が今の性別が嫌というのは、どこまでが病気でどこまでがワガママなのか
どこで判断していくのだろうか。

自分の親も性別も選ぶことはできない。


もしも、お上が少数派の人権に対する配慮をするために
ここまでするのであれば何でこういうことがおこるのか
       ↓
強制撤去、あまり知らされていない側の情報


申請書を印刷しなおすとなれば、全国の自治体で、膨大な経費がかかる。
そして、この強制撤去にも、膨大な経費がかかっている。
全てが税金で。


誰がこんな税金の使い方を喜んでいるのかねぇ…
[PR]
# by upyo_pyo | 2006-02-08 15:31 | ひとりごと

お食事

最近、ジャガイモとニンジンと玉ねぎとちくわを
使った料理しか食ってません。

それでもパソコンとかADSLに使っている費用は削りません。
それでもブログは続けております。

どうかどうか…当りますように…


エキサイト山村社長からオススメのワイン付きお食事のご招待
[PR]
# by upyo_pyo | 2006-02-05 00:28 | ひとりごと

おやじ入院

おやじが入院した。
まぁ…顔色は良かったのですぐ退院できると思うが。


で、入院決まって、母さんと妹で必要なものを買い物。
私は、入院の保証人を頼まれた。
で、弟は、私が知らせたら、すぐに連絡がきて
私と入れ違いで、お見舞いを持っていったようだ。

で、兄貴は、家族の送り迎えをしてたようだが
病院で車から出ようとせずに
「ギョーザ食いたい!!!」とわめいていたらしい。
…おい。兄貴41歳…大丈夫か?!


兄弟が多いと、役割分担が自然とできるので
とてもありがたいが
兄弟の精神年齢の順番は、上から順に若いことは…間違いない。

…とほほ
[PR]
# by upyo_pyo | 2006-02-02 19:13 | ゆきにょ家のひとびと