ゆきにょの独り言


by upyo_pyo

プロフィールを見る
画像一覧

リンク

ブログパーツ

カテゴリ

全体
あーとの若い芽・応援計画
あーと
にょ工場長の店
らくがき
みーはー
ゆきにょ家のひとびと
ひとりごと
まーじゃん

お気に入りブログ

アッテンボローと山崩れ
ウラもよ日記☆やっぱりロ...

nagare
「断想」    _sin...
歩いて撮って
小鳥のつぶやき
アプセトネデブ
昼も夜もらくがき
Photo @ Life...
にょ工場長のTシャツギャラリー

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

「tokyo wonder wall 2006」

過去のブログでも書きましたとおり [こちら]
応援したい新人作家さんに声を掛けています。

その中の一人でもあるoto kotobaさん
「tokyo wonder wall 2006」に入選しました。

c0067664_13223479.jpg


東京現代美術館(MOT) 企画展示室地下2階
2006 8/12(土)~9/3(日)
開館時間:10:00~18:00/月曜休館/入場無料 
お近くの方は是非、ご覧になってください。


oto kotobaさんの作品って
既成の美術教育の枠から外れている自由感
が私にとってはとても心地よいのです。

ついつい、「有名な公募展がいい」(これも有名ではありますが)と
美術の興味のない人は思ってしまいがちですが
やはり、出す側としたら
その公募展の趣旨と入賞している作品、審査員など
重要視して出品するのが一番ですね。

そうすれば、落選しても納得がいくのです。


まぁ、賞金めあてに出したりする私がこう書いても
説得力に欠けますがねぇ…Σ(・ε・;)
[PR]
# by upyo_pyo | 2006-08-13 13:21 | あーとの若い芽・応援計画

大友克洋

私が子どもの頃になりたかった職業は、「マンガ家」だった。
しかし中学生の頃、マンガを完成させる能力がないことを実感したことと
美術の教科書に掲載されている名画に誘われて
絵画への道に切り替えた。


私がマンガ家をすっかり諦めた原因の作家が、この
大友克洋」氏である。

彼の描く作品の背景、スケールの大きさ、ストーリー設定
全てにおいて脱帽以外に何もない。

…ちなみに大友さんのファンではありません…


そして
私がアニメーターという職業に就いていた頃
この大友氏の作品、劇場版「AKIRA」にたずさわることになる。
当初は、私の勤めていたスタジオがたずさわれる仕事ではなかった。

劇場版「AKIRA」は
録音が先で、後から絵を作るという制作方法だったことと
大友氏のこだわりもあって、映画公開予定日からすっかり遅れまくっていたのだ。

そのお陰もあって、これ以上公開を遅らせるわけにいかないと
数々のアニメスタジオに、動画の仕事がばら撒かれたのだった。

さらに
公開が遅れるのも無理はない…ことを知る。

通常1カットは一人で担当するのだが
「AKIRA」のほんの1秒ほどのカットを10名で担当した。
瞬きしたら見えないような、真っ暗な背景であっても
可能な限り、背景にいる人物を動かした
動画、一枚たりともチェックに手抜きのない、作品なのだ。

大友氏の作品に対する姿勢の凄さをまざまざと見せつけられた。


でも、まぁ…これは劇場公開に間に合わせのためのものだったので
ビデオ化する前に、動画を作り直したらしいけどね。

うちらの1秒のあのカット…どうなったのかなぁ…
[PR]
# by upyo_pyo | 2006-07-14 21:42 | あーと

吉田涼香 展 「あおい そら」

【ゆきにょオススメの作家・個展のご案内】

昨年のデザインフェスタで出会った方です。
一見繊細そうな少女ですが
なにやら一本、堅い筋のようなものを感じ
私から声を掛けた作家です。

子どもを包みこむ風景は
さびしそうでいて優しく
作品から、空気・風・温度が伝わってきます。

*********************

吉田涼香 展  「あおい そら」
6/27(火)~7/2(日)

11:00~19:00(最終日は17:30)

ギャラリー SPACEⅢ
横浜市中区元町1-13-5 ラビ元町 2F
地下鉄みなとみらい線元町中華街駅5番出口より徒歩1分
JR石川町駅南口より徒歩8分

c0067664_19222424.jpg


























※作品画像と記事は作家の許可を得て掲載しております。無断転載はご遠慮ください。
[PR]
# by upyo_pyo | 2006-06-10 19:36 | あーとの若い芽・応援計画

「Art Commune」

私の大先輩の山田さんが編集されています
毎月配信のArt系メルマガ「Art Commune」に
6月、私が紹介されることになりました。
新作を発表する予定です。


定期購読(無料)希望者の方はこちらのホームページからお申し込みください。
バックナンバーとして後ほど、こちらにも掲載されますが

リアルタイムに私の掲載号のみ、配信ご希望の方はこちらまで
  ↓
yukinyo@mac.com
ハンドルネームか本名を添えて、メールアドレスをお知らせください。転送いたします。

※メールアドレスを「Art Commune」以外の目的で使用して欲しくない方は、メール送信の際に明記ください。また、不明な点がありましたら、私宛に、お気軽にお問い合わせくださいませ。


ちなみに、私の作品を紹介しますが、多大な期待は禁物です。
…自己満足の世界ですからΣ(・ε・;) 。
[PR]
# by upyo_pyo | 2006-05-05 19:45 | あーと

6月

6月に
新作の作品をウェブ公開する予定です。

まだ予定ですが
知り合いの方がやっている月間メールマガジンで
私が紹介されることになりました。


今回の作品は
色ペンと色鉛筆だけで描いたものです。
画材としては、今までとは違うのですが
ペン・鉛筆のタッチというものに、魅力を感じまして。

また
作品の内容は、まぁ…自己満足なものなので
あんまり期待しないでください。


正式に公開の日が決まりましたら
また、お知らせいたします。
[PR]
# by upyo_pyo | 2006-04-20 18:10 | あーと

作る ということ

また
自分で作ってるわけでもない奴らが、好きなこと言っている。
おまけに監視係までつけやがった。

っていうか、「お前誰だよ」って感じで。


やたらと
法律論を唱えるかと思えば「わかりやすく」って

ぢゃあ、てめぇが、やってみろって。


え?何? このイラスト。こんな風に?誰が描くのさ。
やだよ、私が描くわけねぇだろ。
そういう約束で来てるんぢゃないんだから。

え?何? こんなレイアウトでって?
やだよ、誰がやるのさ。頼むんなら、ちゃんと仕事として頼めって。

しかもなぁ、それは、ちゃんとプロの手が入ってるんだよ。
何人ものプロがさ。
創り方が違うんだから、同じようにできるわけねぇだろ。


だからさ、
そこまでイメージあるんだったら、自分たちでやれって。
私はてめぇらの部下ぢゃねんだよ。
立派な肩書きと給料もらってんだからさ。
[PR]
# by upyo_pyo | 2006-04-11 22:33 | ひとりごと

新作

ただいま
作品を制作中でございます。


いま
今の心境みたいなもの・というか、
描きたいものを、そのまんま描いています。

6月上旬頃にweb上で公開する機会ができましたので
そのときには、ある程度完成していると思います。


今までの作品で使った画材とは、かなり違って
色鉛筆と水性の色ペンで描いているのですよ。

身近にあった、という理由もあるんですけど
何か、手のタッチが、一番気持ちを込めやすい感じがして。

それと、学校に通っているときの授業の時間に、ノートや教科書に落描きをしていてね
よく、その落描きの世界の中で、展開していったりしていて。
そんな感じの延長みたいな描き方しています。


たぶん
こういう気持ちで描いてるのは、久々なんぢゃないかなって。
楽しみにはしないでくださいね。
自己満足ですから。
[PR]
# by upyo_pyo | 2006-04-08 22:28 | あーと

描くという衝動

何のために描くのか。


ちょっとしたきっかけで
自分が何のために描いているのか気がついてしまいました。

頼まれたイラストの仕事は、生活のため、お客のために描く。
習いに行ったりすると、無意識に先生に影響された絵を描いてしまいます。
認めて欲しいなんて思って、展覧会のために描く…これは、やっちゃ駄目。
特にわたしという人間は。


絵画だけは、自分のために描いています。

自分の心のバランスをとるためです。
それと、心の中に渦巻いてしまったものを吐き出すため。ほとんど病気。
絵を描いてなかったら、自分の精神状態はどんなだったか想像もしたくない。

昨年、自分の作品展を知り合いの店でやって
自分の絵に悪酔いしてしまいました。しかも、悪い酒です。
なので、それまでアパートに置いてあったのに、実家に持っていってしまいました。
自分は描いてすっきりしているのだけれども、そこには渦巻くモノがあったりするんです。



…ほんとうに迷惑な制作活動です。
[PR]
# by upyo_pyo | 2006-03-24 23:06 | あーと